( ! ) Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in D:\wamp\www\index.php on line 3
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0006269072{main}( )..\index.php:0
tsec
安全衛生及びエネルギー方針

安全衛生及びエネルギー方針

TSECは太陽電池セル及びモジュールの製造・販売メーカーとして、企業の永続発展を追求すると同時に、環境汚染の未然防止を重視し、再生エネルギーの促進、資源の永続的利用により環境パフォーマンスの向上を取り組んでいます。また、職場環境の改善により労働者の危険又は健康障害を防止することに努め、環境安全衛生(ESH)及びエネルギー関連法令と義務を遵守します。企業の永続発展を追求すると共に社会責任を果たすため、情報及び資源を統合し、下記の環境安全衛生及びエネルギー方針は全役職員をはじめならびに提携会社、関係会社に周知徹底します。

義務を遵守履行し、環境保護に最善の努力をする。
ESHリスクを抑え、継続的改善を図ります。
ESH教育を徹底的に実施し、全員参加を要求します。
エネルギーの節約及び炭酸ガス削減に努力います。

 

  • 2011年12月 太陽電池セル工場はOHSAS 18001:2007労働安全衛生マネジメントシステムの認証を取得
  • 2011年12月 太陽電池セル工場はISO 14001:2004環境マネジメントシステムの認証を取得
  • 2011年12月 TOSHMS(Taiwan Occupational Safety and Health Management System) の認証を取得
  • 2012年10月 ISO 14064温室効果ガス-第1部:2006の認証を取得
  • 2013年02月 単結晶太陽電池セルはPAS 2050:2011カーボンフットプリント(CFP)の検証に合格
  • 2013年02月 多結晶太陽電池セルはPAS 2050:2011カーボンフットプリント(CFP)の検証に合格
  • 2013年11月 台湾行政院労働省の「全国労働者安全衛生群連合組織2012年度優秀サービス賞」を受賞
  • 2013年12月 太陽電池モジュール工場はISO 14001:2004環境マネジメントシステムの認証を取得
  • 2013年12月 太陽電池モジュール工場はOHSAS 18001:2007労働安全衛生マネジメントシステムの認証を取得
  • 2014年01月 台湾衛生福利部国民健康署の「職場で取り組む健康づくり表彰」を受賞
  • 2014年12月にISO 50001:2011エネルギーマネジメントシステム認証取得
  • 2014年12月に英国規格協会(BSI)より【環境管理実践賞】を受賞しました
  • 2015年08月に台湾労働部の『職業安全衛生優良部門』を受賞
  • 2015年10月に二つの結晶シリコン太陽電池モジュール製品(TS60 E series-多結晶、TS60 V series-單結晶)がISO/TS 14067:2013製品のカーボンフットプリント 算定に合格しています
  • 2015年10月に三つの結晶シリコン太陽電池モジュール製品(V-セル多結晶、E-セル單結晶、E-セル多結晶)がISO/TS 14067:2013製品のカーボンフットプリント 算定に合格しています
  • 2016年11月にISO 14001:2015環境マネジメントシステム認証取得
  • 2016年12月 台湾衛生福利部国民健康署の「職場で取り組む健康づくり表彰」を受
安全教及びトレーニング

社員は会社にとって大切な資産である。社員が会社で安全に仕事をすれば、安全の観念を家に持ち帰り、家庭の安全を重視し、「家」を大切にするようになり、家庭は社員を全力で支えるようになる。そして社員も安全の観念を社内に広め、互いに影響し合い、社員、協力会社、来客、サプライヤすべてが安全を重視するようになる。

安全教育訓練は会社が社員に安全の観念と知識を与える手段であるため、我々は安全教育訓練を積極的に行う。

社員の安全訓練:

緊急対応部隊(ERT)の技能訓練:

協力会社が工場に入るための安全訓練:

工場の緊急措置対応
「工(こう)、其(そ)の事を善(よ)くせんと欲(ほっ)すれば、必(かなら)ず先(ま)ず其(そ)の器(き)を利にす。」(訳注:論語、「良い仕事をするには良い道具が必要」の意)といわれている。このため工場の安全を維持し、緊急災害の発生と拡大を防ぐには、十分な災害予防と被害防止の設備が必要である。本工場では以下の設備を設置し、損害防止の目標を達成している。:
  • 緊急対応センター(ERC)が設置されており、災害指揮センターとする。
  • 医務室を設置しており、工場専任の看護師が社員の健康相談に答えいる。負傷者が最初に看護と救急処置を受ける場所となる。
  • 300台余りのCCTVが設置されており、直接にERC及び中央コントロールルームで監視し、現場を指揮することができる。
  • 毒ガス探知及び警報設備が設置されており,作業現場の安全目標を達成している
  • ディーゼル発電機及び無停電電源装置(EUPS)が設置されており、工場内の重要な設備に連続的に電力を供給することができる。
  • 地震測定器が設置されており、工場における地震の揺れをモニタリングし、各特殊ガスの供給スイッチに連動している。
  • 化学物質漏洩処理器材、SCOTT自給式呼吸器(SCBA)、Aクラス防護服、消火服等の災害処理器材が設置されており、災害制御目標を達成している。
工場グリーン設計
会社は経済発展と環境保護の双方を考慮し、工場設計段階において工場と設備に以下のグリーン設計を採用して省エネ・二酸化炭素排出削減や持続可能な発展という目標を達成している他、今後はこれらのグリーン設計でグリーン・ビルディングの認証を取得していく。
  • ポンプ、外気空調箱、製造工程排気システム、製造工程冷却水システムなどはいずれも周波数変換設計を採用。
  • 空調の凝縮水の回收・再利用。
  • 冷水主機は熱回收システムを採用。
  • 工場全体の照明にT5ランプを採用。
  • 精密組立エリアはLED照明を採用。
  • 圧縮空気乾燥機にゼロパージタイプを採用。
  • 低濃度フッ素含有排水を回収し工業用水として再利用。
  • 工場の雨水回收・再利用設計を採用。

本著は地球にやさしいこと、人類に良いことを理念とし、商品カーボン・フットプリント検証、温暖化ガス排出検証などの活動を続けることで、エネルギー資源の消費量削減、温暖化ガス排出削減の目標を達成し、地球の持続可能な発展を追求していく。